SPECIAL INTERVIEW meets Kirei O Tsukuru

“輝く女性は美しい” キレつく部が出会った、さまざまな分野で活躍する女性をご紹介します。

広瀬しのぶ

広瀬しのぶ

vol. 05

MC/レポーター 広瀬しのぶ さん

同志社大学卒業後、全日本空輸(株)に入社。客室乗務員として国内線・国際線を乗務。結婚・退社・出産を経て、38歳でANA時代の同期らと(株)Roughを設立。代表取締役社長。「VERY」「STORY」など、女性誌イベントでMCや、旅行情報誌の旅レポーターを担当。CA引退後も、全国を飛行機で飛び回る。「ママになってもキレイ」をテーマに、子育て世代の新しいライフスタイルを提案。元クルーによるコラボ商品プロデュースや、SNS発信による口コミPRを手掛ける。
・株式会社ぐるなび
 “ippin”公認キュレーター
ぐるなび目利きシリーズ“ippin”
(株)Roughホームページ
元CA社長BLOG♪

美人度を上げる伝え方

マイクやSNSを通して、楽しく伝える♪

情報が溢れる時代だからこそ、自分がこれまで経験してきたキャリアやフィルターを通して、
あっと驚く発信力と、フッと力が抜けるようなユーモアのある存在でいたいと思っています。
例えば、トークショーのゲストとコミュニケーションで話を引き出せた時、まるで芸人さんが
笑いをとれた時のような、高揚感とやりがいを感じます(笑)。
ブログでいろんな情報を紹介するのが日々の楽しみ。そうすることで私自身、常にアンテナを張っていますし、写真・文章・ページ編集にもこだわります。
いくつになっても「好奇心」と「モチベーション」の感度が高い、感情豊かな女性でいられたら最高ですね。

CA時代に学んだ「メリハリ」

航空業界は時間に厳しい分、ONとOFFがはっきりするメリットがあります。
機内という限られた空間の舞台で、たくさんのお客様に見られている緊張感と、
統一美である制服を華やかに着こなす使命感。いやがおうにも美意識の高さが求められます。
逆に、フライト後は髪のシニヨンをほどいて、切替スイッチでリラックス。
毎回変わる時差やSTAY先に対応できたのは、このメリハリのおかげです。

フットワークの軽さ

CAを引退した今も、すぐ泊まれるよう、パッキングしたBAGをスタンバイしてあります。
フットワークよく身軽に動き回るためには、身の回りのモノは減らして、
いつもスッキリとした状態でいるのが1番!
頭の中も常に整理するクセをつけて、要らない情報をアウトプットしておくと、
自然と優先順位が見えてくるので、動きやすくなります。
旅行誌では「子連れ旅のコンパクトパッキング術」や、「旅先でのスキンケア乾燥対策」なども
紹介しています。

女性ホルモン

とはいえ、女性は一生「女性ホルモンに支配される生き物」と言われます。
いくら軽快に動きたいと思っても、無理がきかない時があります。
男性にはない体調による気持ちのムラを、どうコントロールして自己管理していくか、
いかにストレスを減らす考え方ができるかが、これから歳を重ねる上での課題ですね。
私の場合は、岩盤浴で週に1度はたっぷり汗を出したり、GOLFで広い緑の中を歩くと、
嫌なことも忘れて、身も心もデトックスできます。

美しい所作

企業研修や就職活動セミナー、接遇マナー講座でインストラクターを担当する機会があります。
私が考える『綺麗』、それは「立ち居振る舞い」や「身だしなみ」「しぐさ」「言葉遣い」など、
身についた所作で印象よく、匂い立つオーラで一緒にいる人を魅了できる女性。
マナーとは<相手を思いやる心>。自分の為ではなく、相手の為に存在するもの。
早口の方は、少しゆっくり、トーンを上げて笑顔で明るい声を出してみてください。
それだけで表情筋があがり、女らしい柔らかな印象になりますよ。
優しい声は、心に響くもの。伝わり方も変わります。
「この人と一緒にいると、何だか心地いいな」「いつも楽しいことがありそう」
そんな風に思ってもらえたら嬉しいですよね。

VC-IPエマルジョン